特許取得の特殊素材で落としても画面が割れにくい!iPhone 7ケース「Gear4 バンパーカバー」レビュー【PR】

耐衝撃性能の高さをアピールするiPhoneケースは数多くある。

だが、何を基準に選択するだろうか。

  • 見た目
  • 素材
  • 技術

色々あるだろうが、ほとんどの場合メーカーの宣伝文句じゃないかと思う。

僕もそうだ。大半の人は技術的なことを知らないので、メーカーの言うことを信じるしかない。

そう考えた場合、特許取得済みというのはインパクトがある。

そんなケースが2016年に日本に上陸した。

イギリスで一番売れているスマホケースで、『D3O』という特殊素材を採用した「Gear4」というケースだ。

今回メーカーからレビュー依頼をいただいたので、紹介しようと思う。
なお、今回はiPhone 7用として「バンパーカバー」をレビューするが、全く同じデザインのケースは用意されていないがiPhone 7 Plus用のケースも販売されている

なお、僕が持っているiPhone 7はiPhone 7ジェットブラック。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

iPhone 7/iPhone 7 Plusケース「Gear4」の概要

GEAR4の特徴

Gear4の特徴

Gear4というケースは日本では聞き慣れない名前だが、それもそのはず2016年に日本に上陸したiPhoneケースだ。

この為、2017年1月現在では、

  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus

用のケースがほとんどとなっている。
※OXFORDという手帳型ケースのみiPhone 6/6s用が存在する

特徴は、

  • 「D3O」と呼ばれる、科学的かつ人工的に作られた、特許取得済みの特殊素材を採用
  • タフなのにゴツくない、デザイン性とプロテクションを両立するスリムフィットケース
  • 2016年10月現在、Gear4はイギリスで最も売れてるスマホケース

といったあたり。
つまり、ケースとしての大きな特徴は、耐衝撃性能の高さということになる。

ちなみに価格はAmazonで4,980円、カラーバリエーションはiPhone 7本体と同じく、

  • ブラック
  • シルバー
  • ジェットブラック
  • ゴールド
  • ローズゴールド

となっている。
正直今どきのiPhoneケースとしては高級品の分類だ。

「D3O」とは何か

高価格となる理由の1つが、「D3O」と呼ばれる特殊素材を採用していることだろう。

冬季オリンピックのアルペンスキー競技やアメリカ特殊部隊でも採用されているという、衝撃吸収性能が売り。

「衝撃に強い」ではなく「衝撃を吸収」というのが、よくある耐衝撃ケースと違うところかもしれない。

詳しい技術的なことは僕にも分からないが、

D3Oの特徴

D3Oの特徴

上記画像の説明にもあるとおり、衝撃を受けると固まってロックされるって部分なんだと思う。

この特徴を活かしたGear4の強さは、メーカーが作成した動画でも紹介されているので、気になる方は参考にして欲しい。

開封レポート

Gear4のパッケージ

Gear4のパッケージ

パッケージ裏側

パッケージ裏側

簡単に開封レポートを。
Gear4のパッケージはこんな感じ。

見るからに高級感がある

約5,000円という価格は伊達じゃない。

蓋を開くとケースがお目見え

蓋を開くとケースがお目見え

蓋を開くと中にケースが登場。

ケースは引き出す形で取り出す

ケースは引き出す形で取り出す

ケースの取り出しは、取っ手を引っ張ることでするすると引き出す形にで行う。

今どき珍しいくらいのこだわりようだ。

パッケージ全体。高級感溢れる豪華さ

パッケージ全体。高級感溢れる豪華さ

これがパッケージ全体。
全体的にお金がかかっている印象を強く受ける。

Gear4のiPhone 7ケース

Gear4のiPhone 7ケース

基本的な構造はクリアケース

基本的な構造はクリアケース

そしてこちらがGear4のiPhone 7ケース(ジェットブラック)。

基本的な構造はクリアケースなのだが、

側面および背面の一部の素材が異なっている

これがバンパーと呼ばれる理由になるが、デザイン的な特徴にも繋がっている。

装着後の状態

iPhone 7ジェットブラックに装着

iPhone 7ジェットブラックに装着

Appleロゴもちゃんと見える

Appleロゴもちゃんと見える

手持ちのiPhone 7ジェットブラックに装着してみた。

見ての通り、見た目的な特徴は特にない。敢えて言えば、Appleロゴがちゃんと見えることくらいだろうか(Appleファンには重要なポイント)。

ドットの模様が特徴的

ドットの模様が特徴的

ただ、よく見るとちょっと変わったところがある。

側面がドット柄になっている

ということだ。これはデザイン的な特徴でもあるが、実は、このグレーっぽいものが特殊素材の『D3O』

耐衝撃性能の要と言えるものだ。つまり側面に全て埋め込まれている

Lightningポートとスピーカー

Lightningポートとスピーカー

スリープボタンもケースが覆い隠す

スリープボタンもケースが覆い隠す

ミュートスイッチ以外はケースがボタンを保護する

ミュートスイッチ以外はケースがボタンを保護する

全体をみるとドット柄が全体的に施されており、さらに側面には『D3Oの文字』もある。

カメラにもピッタリフィット

カメラにもピッタリフィット

カメラにも当然ジャストフィット!

Gear4を使ってみての感想

iPhone 7に装着して手にとってまず思った。

圧倒的に滑りにくい

つまり、グリップ性能は高い。

僕はどちらかと言えばサラッとた手触りで、持ちやすいケースの方が好みだが、用途によってこのケースを使い分けるのはありだと感じた。

例えばアイドルグループ「わーすた」のライブ・イベント会場とかw

落とすリスクの高い場所で使うのがベストだろう。何せ柔らかい素材なので、脱着はグイッとはめ込む・剥がすそれだけなので、1分もかからない。

また、この手の耐衝撃ケースにありがちな、ゴツくて持ちにくいということもない。もちろん厚みが増すのは事実だが、気になるレベルではない。

耐衝撃性能については流石に落として実験する勇気はないのだが、素材の質感的に性能は間違いなさそうだ。

唯一欠点をあげるとすれば、光沢感のある仕上げなので、指紋や皮脂による世汚れが目立ちやすいことだろうか。

素材的にマットな質感でも製造そのものは可能と思われるので、ここはメーカーのこだわりなのかもしれないし、他のラインアップとして用意されているのかもしれないが、ちょっと残念だった。

終わりに

耐衝撃性能の高さを謳うケースは、近年非常に多い。

僕のようにレビューという形で様々なケースを試していても、もはやどこまで信じてよいのか分からない。

そう言う意味で、特許取得というお墨付きのある技術を使用していることは、信頼性に繋がると思う。

  • iPhoneを落として、高額な修理代金を払ったことがある
  • ガラスを割ったことがある

なんて過去があり、iPhoneを絶対に壊したくないという強い思いのある方には、少々高額だがおすすめのケースだと思う。

SPONSORED LINK