次期iPhoneとiOS6でどうしても気になる解像度問題

次期iPhoneとその発売週の月曜くらいにリリースされるであろうiOS6。
ハードウェアスペック・デザイン・新機能など気になることは色々あるが、技術者的視点で見て一番気になることがある。

それは解像度問題。

Retinaになっても維持されたアスペクト比

iPhone5では3.5インチのアスペクト比4:3から、横幅はそのままに縦が長くなり、4インチ程度でアスペクト比16:9に変ると言われている。Androidのハイスペック機のように5インチ近い大型液晶というのは、閲覧性は高くなるが携帯性が落ちると言う意味で評価が分かれるが、アスペクト比がテレビなどと同じ16:9になるというのはiPhoneで動画をよく見る人にはメリットが大きいと思う。

ただ、アプリには多大な影響を及ぼす。なにせiPhone登場から5年。iPhone4でRetinaディスプレイが搭載された際も、縦横2倍にする事でRetina非対応アプリでも画面が荒いなどの問題を除けば、レターボックス表示になるとかでもなく、今までと同じように使用できた。Retinaのインパクトに隠れているが、後方互換を完璧に保ったことは地味だけどアプリ開発者にとっては大きな事だ。

これはアスペクト比が変らないからこそ実現されたわけだが、今回はそうは行かない。

iPhoneはシンプルであり続けられるか

Appleはシンプルさに心血を注ぐ企業。それは製品ラインアップなんかに如実に表れている。顧客が望む様々な要望を実現して製品を細分化させるようなことはやらない。製造ラインを統一することで量産効果があるという企業的メリットもあるだろうが、ラインアップを増やしすぎたら顧客は迷うという事に裏付けられた思想だと思う。

例えばラップトップMacならコンシューマ向けのAirとプロ向けのPro、iPhone・iPadなら基本的にストレージの大小と色しか選択の要素がない。iPhone5が発表されてもおそらく4Sは廉価版としてラインアップに残るだろうが、今回はそこに解像度という別の選択肢が生まれる。

若干複雑化してしまうiPhoneのラインアップとアプリ制作。数年前からメディアでは増えすぎたアプリが逆にAppleを縛っているなんて言われていたが、ここの問題にどのような答えを出すのかにはものすごく注目している。
appleprep
カラフルさと縦に引き延ばしたようなデザインが印象的なイベント会場が準備されているが、まさかほんのちょっとずつ縦に引き延ばして上手く全画面に表示する?w

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』

ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!
詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)

3 件のコメント

  • この問題を以下のアイデアでは可能でしょうか?
    *縦長に延長したエリアは広告エリア、そしてアプリの有料メジャアップ*
    ・これまでのiOSアプリで次期iPhoneを利用すると、縦の延長エリアはiAd広告としてAppleがコントロールできる広告エリアとして活用。またアプリ開発開発側から見れば、この延長エリアを任意に活用でき、既存アプリのメジャーアップによる有料アプリには新たな収入源確保。

    いかがでしょうか?ちょっと無理があるかな?苦笑

    • 大きさ的にはちょうどiAd広告が入りそうな感じですよね。
      無料アプリはそれもいいでしょうが、新しい解像度に未対応の有料アプリをどうするかが問題でしょうね。でも、広告はどうかはともかく新しい解像度に未対応のアプリは、自動的に何かを挿入してくるってのはあり得る気がします!
      こういう妄想楽しいですねw