iPhoneのキーボードからの文字入力が遅い?iPhone 6sはサクサク。不満が解消されます

iPhone 6sローズゴールド

iPhone 6sを購入して1ヶ月半ほど経過した。
3D Touchディスプレイなどハードウェア的な目玉機能もあるが、僕が注目していたのはやはり RAM(メモリ)が2GBになる事によるスピードアップ 、さらに言えばフリック入力(日本語入力)のもたつきの改善だ。

これが一番の注目とも言えたのだが、結果は大満足!

iPhone 6/6Plusの日本語入力の遅さ

iPhone 6/6 Plusを使った方なら、ほぼ全員が体感したことがあると思う。

日本語入力(フリック入力)すると文字が中々反映されない。遅延する

当初iOSのバグではないかと言われていて(iPhone 6発売時のOSであるiOS 8は不具合が非常に多かった)、iOSがアップデートする度に「次は改善されるか?」と期待した。

だが、結局次期モデルであるiPhone 6sが登場するまで、改善することはなかった。いつまで経っても改善されない事から、これはOSの問題ではなく、iPhone 6というハードウェアの問題ではないかと言われ始めていた。

そう言われる根拠も徐々に出揃ってきた。

再起動や学習履歴のクリアで日本語入力のもたつきが一時的に改善される

この問題は特に文字をよく打つ人が指摘していた問題で、改善策もいくつか提案されていた。

  • ATOKなどiOS標準以外の日本語入力を使う
  • 端末を定期的に再起動する
  • 学習履歴をクリアする

などと言った対処法だ。しかし、これらはどれも 一定の効果はあったが決定的なものではなかった

というのも、ATOKなどの日本語入力はアプリケーションの動作そのものが不安定だったし(起動しなくなることがよくあった)、再起動は面倒だし、学習履歴のクリアもしばらく使えばまた学習履歴たまり遅くなるからだ。

これらを総合して原因として、iPhone 6/6 Plusはメモリ不足が発生している というのが指摘され始めた。iPhone 6では画面の解像度がアップしたが、搭載しているRAM(メモリ)はiPhone 5sまでと同じ1GBだったからだ。

であれば、対応策はRAM(メモリ)を増やすしかない。それで登場した、iPhone 6sはこれまでの 2倍の容量である2GB となっていた。

iPhone 6sでは動作速度が劇的に改善

2GBのRAMを搭載するiPhone 6sではどうなったかと言えば、日本語入力(フリック入力)のもたつき・全体的な遅さが全て改善 していた。

iPhone 6/6 Plusはもっさりしたスマホで、iPhone 6s/6s Plusはサクサクのスマホと言える。それくらい早いのだ。

特に速さを実感するのはやはり文字入力だ。iPhone 6を1年間使っていて、ある程度遅い方に慣れてしまって、ゆっくり打つ癖が付いていた。ところが、iPhone 6sにしたら「あれ?もう入力されてる」って感じで、速さに付いていけない という情けない現象が発生w

それくらい早い。
その他にもアプリの起動、切替など全体的に早くなっている。これこそがiPhone 6sの魅力だと思う。

終わりに

iPhone 6sはスペック面大きな進化もなければ、見た目上も変わらない。なので、今まで毎年のようにあiPhoneを購入していた人も、

余裕でスルーできる
別に魅力を感じない

と言って購入を見送った人が多かった。確かに、そういう意味での革新性とかはない。

だが、iPhone 6sは初めてiPhoneを買う人より、今までiPhoneを使ってきた人にこそ違いが分かる端末なんじゃないかと思う。iPhone 5sユーザーが機種変更して入手することが多いだろうが、寧ろiPhone 6ユーザーの方が違いを体感出来るかもしれない。

もはやスマホに革新的な進化は見込めないと思っている。だからこそ、スピードなど使えば分かる部分の進化が嬉しいと感じた。

MNP一括0円などで在庫処分状態で安く購入出来るiPhone 6とiPhone 6sのどちらがお勧めかと問われたら、僕は「長く使いたいならiPhone 6s」と答える。それくらいiPhone 6sは早かった。

SPONSORED LINK