【噂】iPhone 7でイヤフォンジャックを廃止する意味と防水対応との関係を考察する

イヤフォンジャックは廃止されるか?

例年通りであれば2016年9月に発表&発売されるであろうiPhone 7の噂として、現行モデルであるiPhone 6sの発売直後から噂になっていた話がある。

次期iPhoneではイヤフォンジャックが廃止される

という噂だ。

イヤフォンジャックは、ここ数年のデバイスに採用されているインターフェースとしては最も歴史が古い。
それ故に、採用している機器も非常に多くスマホ以外でも、

  • iPod・ウォークマンなどの音楽機器
  • 3DSなどのゲーム機
  • パソコン
  • カーステレオ

など数多くの機器で採用されている。

そんなインターフェースを廃止するというのは、かなり大きな変化だと思うが、そろそろこういう動きが出てきても良いと僕は思う。

そして、インターフェースの大胆にそぎ落とすのはAppleの真骨頂とも言えるので、わりと信憑性は高いと思っている。

Appleはレガシーインターフェースの廃止と新インターフェースの採用が早い

12インチMacBookのUSB-Type Cコネクタ

12インチMacBookのUSB-Type Cコネクタ

Appleは例えば、無線LAN(Wi-Fi)をいち早く採用するなど、

  • ワイヤレス機器
  • 高速インターフェース

はかなり積極的だ。
ただし、過去にはFireWire・Thunderboltなど採用は早かったが、普及に失敗したインターフェースも数多く存在する。

最近の話だと12インチMacBookがUSB-TypeCという最新インターフェースを1基のみ搭載という大胆なことを実行したが、必ずしも普及するとは限らないものの、Appleの動きはとにかく早い。

イヤフォンジャックはスマホに必要か

イヤフォンジャックはスマホが登場してから、ずっと変わらず採用され続けている。

iPhoneの充電端子が30ピンのDockコネクタからLightningに変わり、Androidがmini-USBからMicro-USBに変わった中で、ここだけは変わっていない。

ただ、2016年現在は以前程イヤフォンジャックを使用している人を見なくなった。

  • ヘッドセット
  • ヘッドフォン

を使用している人は有線ではなく、Bluetooth接続が主流になってきている。

イヤフォンについてはまだまだ有線が多く、特にiPhone付属の「Apple EarPods」を使っている人をよく見るが、逆に言えばAppleがやめるとここは一気に変わる気もする。

というのも、1度ワイヤレスに慣れるともう戻れなくなるからだ。

僕は2016年に入ってBluetoothイヤフォンを購入した。これがすこぶる快適で気に入っている。イヤフォンジャックと繋がなくていいだけでこれほど楽なものかと驚いた。

なので、少なくともスマホにイヤフォンジャックはなくてもいいと思うようになった。

防水端末とイヤフォンジャックの関係

DSC00564.jpg

イヤフォンジャックの廃止には2つのメリットがある。

1つは端末がより薄く出来ることだが、薄いから使い勝手が良いものでもないし、2016年現在のスマホは十分薄いので、それほど大きなメリットにはならない。

僕が一番大きいと思うのは、防水対応が楽になることだ。
2016年現在も続く、iPhone最大の弱点であり、特に日本人が一番望んでいいる機能は防水対応だと思う。

僕もその1人。
防水端末のメリットといえば、水没を防ぐことと思う人も多いだろうが、実はそれだけじゃない。

汚れたら洗える

これが何気にものすごく大きなメリットなのだ。

特にスマホは、1日中画面を触る。それが毎日続く。

皮脂汚れなども多いし、お世辞にも清潔とは言えないと思う。なので定期的に洗えば、多少マシになるんですよね。

そんな防水機能を実現するに当たっての対応は、基本的に穴をふさぐということなる。

今のiPhoneあいている穴は主に2つ。

  • イヤフォンジャック
  • Lightningコネクタ

ふさぐ穴は減るに越した事はないため、イヤフォンジャックが廃止されたらiPhoneの防水対応は現実になる確率が上がると思う。

Android端末の世界では、イヤフォンジャック・micro-USB端子はキャップレス防水が常識。ただ、これには各メーカー苦労していた感じなので、故障リスクを減らす意味でも穴は減らしたいだろう。

もちろん、防水対応することで熱がこもりやすくなるなど、別の問題もあるため、イヤフォンジャックの廃止と同時に防水対応が実現するとは思わないが、

  1. 2016年のiPhone 7でイヤフォンジャック廃止
  2. 2017年のiPhone10周年モデルの目玉機能として、新デザインと防水対応を発表

なんていうのはわりと現実的な予想だと思っている。

SPONSORED LINK

イヤフォンジャックが廃止されたらどうやって音楽を聴くのか?

多くの方は、イヤフォンジャックが廃止されたら、iPhoneで音楽を聴けなくなると思ってはいないだろうか?

もちろんそんなことはない。
1つは多くの方が既に使っているであろう、Bluetoothイヤフォン・ヘッドフォンを使用して音楽を聴くと言うことだ。

Bluetoothイヤフォンも今ではすっかり一般的になり、安いものでは3,000円程度で購入出来るようになった。なので、対応策その1はBluetooth機器を購入しワイヤレス化すること。

ただ、

  • そんなもの買いたくない
  • 音楽は有線で聴かないと音質が悪い(特にハイレゾとか)
  • バッテリー残量を気にするのが嫌

なんて人も多いと思う。

実はLightningコネクタは音声出力に対応している
なので、恐らくだがAppleがiPhone 7でイヤフォンジャックを廃止した場合、

  • Lightningとイヤフォンジャックの変換コネクタを同梱
  • 変換コネクタをアクセサリとして販売

のどちらかの対応をとると思う。

なので、特に数万円もするイヤフォン・ヘッドホンを購入し愛用している方は、安心してよいと思う。

PlugAir(プラグエア)などイヤフォンジャックを使用するデバイスは困る

イヤフォンジャックに接続するガジェット「PlugAir」

イヤフォンジャックに接続するガジェット「PlugAir」

ただ、イヤフォンジャックって実は音楽を聴くためだけに使われているわけではない。

僕が最近夢中になっているアイドルグループ「わーすた」を見るようになって、初めて存在を知ったのだが、PlugAir(プラグエア)というデバイスがある。

これは、PlugAirというデバイスをスマホのイヤフォンジャックに接続し、専用アプリ経由で動画などの情報を取得するというもので、近年CDなどに同梱される特典として増えている。

また、アイドル分野では、アイドルが持つPlugAirを、ファンが持つスマホのイヤフォンジャックに接続して、その間お喋りするみたいなイベントも存在する。

イヤフォンジャックはそんな活用のされ方もあるだけに、この動きは僕としては注視しなければならないw

まあ、イヤフォンジャックを採用している理由は、Android・iPhoneに共通したインターフェースという理由だと思うので、将来的にはUSB-TypeCに集約されていくのだろうが。

終わりに

僕がApple製品を好む理由の1つがシンプルさだ。

ハードウェアのインターフェース、ソフトウェアのUIなど、全てに共通している思想がこのシンプルさだと思っている。

とはいえ、近年のAppleは製品ラインアップやカラーバリエーションを増やして、膨張を続けている。革新的なデバイスが生まれない中では仕方無いのかなと思う面もあるのだが、この思想だけは失われていないと信じている。

イヤフォンジャックはレガシーインターフェースの1つだと思うので、これを廃止するのは勇気が必要だとは思うのだが、是非実行してもらって、新しい流れを作って欲しいなぁと思う。

イヤフォンジャックと深い関係にある「PlugAir」に関する記事

PlugAir(プラグエア)とは。アイドルグループ「わーすた」における活用事例と使い方

2016.04.15

ついに発売!iPhone 7

2016年9月16日に発売された、iPhone 7の紹介記事です

ついに入荷!iPhone 7ジェットブラック開封レビュー。スペースグレイとの違いは?

2016.10.03

iPhone 7発表!防水・FeliCa(おサイフケータイ)ガラパゴス機能が世界標準に

2016.09.08

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK