ジェットブラックにおすすめ!Spigen iPhone 7ケース「ラギッド・アーマー」レビュー【PR】

パッケージはSpigen社定番

品薄で入手に苦労した、iPhone 7用ケースとして、Spigen社から「ラギッド・アーマー」のレビュー依頼をいただいたので紹介しようと思う。

今回はiPhone 7用をレビューするが、iPhone 7 Plus用も販売されており、サイズ以外は基本的に全て同じ仕様となる。

なお、僕が持っているiPhone 7はiPhone 7ジェットブラック。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

Spigen社「ラギッド・アーマー」の特徴

Spigen「ラギッド・アーマー」の特徴

Spigen「ラギッド・アーマー」の特徴

Spigen社のケースはこれまで数多くレビューしてきたが、ラギッド・アーマーというシリーズは比較的新しく、iPhone 6sの時代から登場したケース。

スペック的な部分で大きな特徴は、

  • 米軍MIL規格取得で落下・衝撃に強い
  • 変形しにくい性質を持つ特殊プレミアムTPU素材

ということで、耐衝撃性能が高いケース。
ただ、これらは今やSpigen社製ケースの共通仕様とも言える特徴となった。

だが、購入を比較検討して分かるラギッド・アーマー最大の魅力は

  • 薄くて、手触りが良い
  • にもかかわらず、比較的安価(実売1,800円程度)

ということ。
特に手触りと薄さが特徴で、耐衝撃性能の高いケースは分厚くて重い(=ゴツい)印象を持つ人が多いだろうが、ラギッド・アーマーはそう言う感じが全くない。

だが、欠点もある。
欠点はシンプルな構造故に似合うカラーがブラックに限定されていること

つまりiPhone 6sまではスペースグレイで使う事が前提だったのだが、iPhone 7はブラックモデルが強く訴求されている。

  • ブラック
  • ジェットブラック

に最適なケースと言え、実はiPhone 7のカラーが発表された時、次はこれをメインケースにしようと思っていた。

で、実際今も使っているがこれでよかったと満足している。

開封レポート

パッケージはSpigen社定番

パッケージはSpigen社定番

簡単に開封レポートを。

iPhone 6s以来導入されている簡易パッケージ。

Spigenオリジナルクモの巣状の衝撃吸収パターン加工

Spigenオリジナルクモの巣状の衝撃吸収パターン加工

これがケース本体。
同社のケースはコピー品防止のシリアナンバーの紙が長年入っていたが、iPhone 7以降同梱されなくなり、ケースのみというシンプルな構成

最も目を惹くのはSpigen社の耐衝撃ケースでよく採用される、クモの巣状の衝撃吸収パターン加工。

Appleロゴとカメラ部分がくり貫かれる

Appleロゴとカメラ部分がくり貫かれる

ただし、裏側はAppleロゴの部分がくり貫かれているだけで、至って普通。

ボタンはケースが覆い隠す(ボリュームボタン)

ボタンはケースが覆い隠す(ボリュームボタン)

ボタンはケースが覆い隠す(スリープボタン)

ボタンはケースが覆い隠す(スリープボタン)

Lightningコネクタはくり貫かれている

Lightningコネクタはくり貫かれている

ボタンやLightningコネクタの扱いも特別なものではない。

  • ミュートスイッチ:くり貫き
  • その他のボタン:ケースが覆い隠す

という感じだ。

SPONSORED LINK

装着後の状態

ラギッド・アーマーとiPhone 7ジェットブラック

ラギッド・アーマーとiPhone 7ジェットブラック

手持ちのiPhone 7ジェットブラックに装着してみた。装着そのものははめ込むだけで至って簡単。手順で迷うことはまずないだろう。

真のブラックモデルと言えるジェットブラックとは相性抜群だと思う。

参考までにスペースグレイでの装着状態を紹介するとこんな感じだ。

ラギッド・アーマー装着後の状態

iPhone 5sスペースグレイとラギッド・アーマー

裏側より

iPhone 5sスペースグレイとラギッド・アーマー(裏側)

悪くはないが、iPhone 7と比較すると渋さが全く違う。
Appleロゴもない。

裏側より

裏側より

対してiPhone 7版の裏側。
Appleロゴが隠れないことがApple信者としては嬉しい。

Appleロゴとカメラが美しい

Appleロゴとカメラが美しい

カメラ周りは干渉しないような作りとなっている。

Lightningコネクタは比較的余裕があるため、純正ケーブル以外でもほぼ接続可能

Lightningコネクタは比較的余裕があるため、純正ケーブル以外でもほぼ接続可能

本体下側の各種ポート類は、余裕をもってくり貫かれており、サードパーティ製のLightningケーブルなど、コネクタが比較的大型のものでも大丈夫

余談だが、僕は特に子供とのお出かけ時にSimplism Lightning用ネックストラップを愛用している。

ロック用のLightning端子

ロック用のLightning端子

このストラップロック用のLightningコネクタが少し大きく、ケースとの干渉が気になるのだが問題無く利用出来た。

左側面はミュートスイッチのみくり貫き

左側面はミュートスイッチのみくり貫き

本体の側面から見た状態。
ミュートスイッチのみはむき出しの状態で、その他のボタンはケースが覆い隠している、

スリープボタンはケースが覆い隠すタイプ

スリープボタンはケースが覆い隠すタイプ

スリープボタンもケースが覆い隠すタイプ。

ラギッド・アーマーを使っての感想

iPhone 7の入手から1週間程度しか経っていないため、ケースの使用期間も同じ程度だが、非常に満足度が高い。

一番嬉しいのは、

  • 耐衝撃性能が高いわりにスリム
  • サラッとした手触りで、非常に持ちやすい
  • ジェットブラックとピッタリ

ってこと。

機能的な特徴は決して多くないが、それ故にシンプルで使いやすいケースと言える。
しかも、Spigen社製のケースとしては比較的安価な定価2,290円(実売1,800円)というのも嬉しい。

終わりに

iPhoneでブラックモデルが訴求されるのは非常に珍しい。

僕の印象ではiPhone 4以来という感じなのだが、装飾などがやりやすいホワイトモデルと異なり、ブラックモデルはシンプルなケースが似合うと僕は思う。

ラギッド・アーマーお勧めです!

SPONSORED LINK