運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

サムスン「Galaxy S20+ 5G SC-52A」レビュー。大きくても重くない!大画面を思いっきり楽しめることが魅力

サムスン「Galaxy S20+ 5G SC-52A」レビュー
SPONSORED LINK

大画面でも、薄くて軽いスマホが欲しい

近年のハイスペックスマートフォンは大きく・重くなる傾向が強い。

しかし、大きくなることでよりリッチな表現もできるし、特に動画視聴時の満足度は高くなる。

このため、各社内部スペックはほぼ同じで、比較的コンパクトなモデルと大画面モデルをリリースするケースが増えている。

みたいな感じだ。

サムスンGalaxyシリーズも似た考えで、「Galaxy S20シリーズ」においてS20+は大画面モデルに相当する

この記事では、サムスン「Galaxy S20+ 5G SC-52A」に関して以下を紹介しようと思う。

  • Galaxy S20 5Gの概要
  • Galaxy S20 5Gを使った感想
5G対応モデルですが、僕が住んでいる岡山県倉敷市は5G対応エリアがほぼないため未検証です

また、「Galaxy S20+ 5G」は以前レビューした、Galaxy S20 5Gの上位モデルにあたるため、この記事では違う部分を中心にレポートします。

Galaxy S20 5Gレビュー

SPONSORED LINK

Galaxy S20+ 5G SC-52Aの概要

Galaxy S20シリーズ

サムスン「Galaxy S20+ 5G SC-52A」は、2020年6月18日に発売された。

  • 春にフラグシップスマホの「Sシリーズ」
  • 秋にファブレットの「noteシリーズ」

「Galaxy S20 5G」が3月発売なので、遅れた印象も持つだろうが、例年夏モデルは5月〜6月にかけての発売なので、これがむしろ「普通」

冒頭でも紹介したとおり、AppleのiPhoneを意識したようなモデル構成なので、「iPhoneでいうMaxに該当」と思えばよいか思う。

タイプ Galaxy iPhone
ハイスペック Galaxy S20 5G iPhone 11 Pro
ハイスペック&大画面 Galaxy S20+ 5G iPhone 11 Pro Max

つまり、画面が大きくなっただけで、内部スペックに大きな違いはない

ToFカメラの搭載が大きな違い

ただ、「Galaxy S20+ 5G」は4つ目のカメラとして被写界深度を判定できる「ToFカメラ」を搭載しているのが、大きな特徴といえる。

「ToFカメラ」の搭載は、HUAWEI・SONYのハイスペックモデルでも採用事例が増えており、ハイスペックスマホの「トレンド」だ

そして、販売は「Galaxy S20 5G」と同じく大手キャリア中心。

「SC-52A」はドコモ向けの型番で、この記事ではドコモ版を紹介するのだが、auでも、以下の製品名で販売されている。

対応周波数など多少の違いはあるが、基本的に同じ製品と理解して欲しい。

スペック概要としては以下の通り。

ディスプレイ 約6.7インチ(有機EL)
バッテリー容量 4500mAh
プロセッサ Snapdragon 865
内蔵メモリ(RAM) 12GB
内蔵メモリ(ROM) 128GB
アウトカメラ 広角:1200万画素
超広角:1200万画素
望遠:6400万画素
ToF
インカメラ 1000万画素
テレビ機能 ×
おサイフケータイ
急速充電
ワイヤレス充電
サイズ 162(高さ) × 約74(幅) × 約7.8(厚み) mm
重量 186g
通信速度(受信時最大) 5G 4.1Gbps
4G(LTE) 1.7Gbps
通信速度(送信時最大) 5G 480Mbps
4G(LTE) 75Mbps

販売価格はドコモの場合「109,340円」。

ハイスペックスマホなので価格もかなり高いが、「スマホおかえしプログラム」で購入することで、2年間の支払いは「72,893円」となる

実質価格は、携帯キャリアが提供する以下のプログラムを適用し「2年間」利用した場合です。

モデル名 docomo au
定価 実質価格 定価 実質価格
Galaxy S20+ 5G SC-52A 109,340円 72,893円 133,280円 76,475円
チー
高いと言われることが多い「ドコモ版」が、意外と安い!
Galaxy S20+ 5Gを購入する

Galaxy S20とS20+の違いは?5G通信速度とToFカメラの搭載が大きな違い

ToFカメラの搭載が大きな違い

繰り返しになるが、Galaxy S20とS20+は画面サイズを除き、ほぼ同一仕様となっている

比較すると以下の通り。

Galaxy S20 Galaxy S20+
ディスプレイ 約6.2インチ(有機EL) 約6.7インチ(有機EL)
バッテリー容量 4000mAh 4500mAh
プロセッサ Snapdragon 865
内蔵メモリ(RAM) 12GB
内蔵メモリ(ROM) 128GB
アウトカメラ 広角:1200万画素
超広角:1200万画素
望遠:6400万画素
広角:1200万画素
超広角:1200万画素
望遠:6400万画素
ToF
インカメラ 1000万画素
テレビ機能 ×
おサイフケータイ
急速充電
ワイヤレス充電
サイズ 152(高さ) × 約69(幅) × 約7.9(厚み) mm 162(高さ) × 約74(幅) × 約7.8(厚み) mm
重量 163g 186g
通信速度(受信時最大) 5G 3.4Gbps
4G(LTE) 1.7Gbps
5G 4.1Gbps
4G(LTE) 1.7Gbps
通信速度(送信時最大) 5G 182Mbps
4G(LTE) 75Mbps
5G 480Mbps
4G(LTE) 75Mbps

ディスプレイサイズが大きいので、サイズが大きくなり、重量が重くなり、バッテリー容量が増えるというのはよくあるパターン

その他、「S20+のみの特徴」としては以下がある。

  • 被写界深度を測定できる「ToFカメラ」を搭載
  • 5G通信機能で高周波数帯「ミリ波」に対応している(n257(28GHz))

「ToFカメラ」については、Androidで採用事例が増えているが、「ミリ波」はあまり聞き覚えがないかもしれない。

5Gの高周波数帯「ミリ波」対応について

5G通信機能

2020年3月から大手3キャリアで始まった「5G」サービスは、大きく分けて2種類の周波数を利用する。

名称 周波数帯 用途
Sub6 6GHz未満 比較的エリアが広い。4G LTEの延長線上で利用する
ミリ波 30GHz〜300GHz帯 障害物に弱いいためエリアは狭いが、スポット的にカバーする用途に使える。日本では「28GHz帯」もミリ波として使われている

S20+は「28GHzのミリ波」に対応しているため、5Gの最大通信速度が上がっている

日本国内において「ミリ波対応のスマホ」はまだまだ少ないので、貴重な存在とはいえるのだが、5Gエリア自体が狭すぎてメリットを感じられるのはまだまだ先になると思う

チー
岡山県倉敷市在住の僕は、未だに5Gのピクトを見たことがありません(笑)

開封レポート

Galaxy S20+ 5Gのパッケージ

簡単な開封レポートを。

Galaxy S20+ 5G」はハイスペックモデルということもあり、パッケージも力が入っているが、世界各国で販売されるので、外箱はドコモオリジナルで、中身はなるべく共通化するという作りになっている。

本体が登場

蓋を開けると、本体がドーンとお目見え。

USB−C対応ケーブル・イヤホン

さらにその下には、アクセサリ類が入っている。

アクセサリパッケージ アクセサリ類

さらに別の箱があり、そこにはクリアケースなどが入っていた。

同梱品は以下。

Galaxy S20+ 5Gの同梱品
  • 本体
  • AKGチューニングマイク付き高音質イヤホン(USB Type-C)
  • クリアケース
  • USBケーブル(CtoC)
  • SIM取り出しツール
  • 注意事項の説明書
  • クイックスタートガイド
チー
ハイスペックモデルだし、充電器くらいは同梱してほしかったけどねぇ……。

Galaxy S20+ 5G」はUSB Power Delivery(USB-PD)による、急速充電に対応している。

以下の記事は「iPhone 8」での検証事例だが、USB-PDによる充電は圧倒的に早い

USB-C Lightningケーブルで充電中

しかし、本体・ケーブル・充電器全てが対応製品でなければ動かないため、100円ショップなどで販売されている安価な製品では使えないのが難点

一式揃えたら、最低でも「4,000円」くらいするので、同梱してほしかった……。

Galaxy S20+ 5G本体前面 Galaxy S20+ 5G本体背面

本体をチェック。
全体的に丸みを帯びたデザイン。

四方からチェックしてみる。

上部

上部にはSIMカードスロットがある。

なお、3.5mmイヤフォンジャックは搭載していない。

USB-C接続のイヤホンが同梱されているためそれを使うことができるが、充電しながら音楽を聴きたい場合、完全ワイヤレスイヤホンが必要になるだろう。

下部

充電端子は「USB-Type C(USB-C)」を採用している。

左側面 右側面

ボタン類は右側に集約されている。

4眼カメラ

カメラは今や、フラグシップモデルの象徴ともいえる「4眼カメラ」。

各種スマホと比較
左から以下
Pixel 4
iPhone 11 Pro
iPhone XS Max
AQUOS R5G
Galaxy S20+ 5G

Google「Pixel 4」、シャープ「AQUOS R5G」、Apple「iPhone 11 Pro」・「iPhone XS Max」と比較すると、圧倒的な画面の広さが分かると思う。

「Galaxy S20+ 5G」を使った感想

サムスン「Galaxy S20+ 5G SC-52A」レビュー

以降は僕の感想を中心に紹介しようと思う。

とはいえ、冒頭でも紹介したとおり「Galaxy S20 5G」とほぼ同じ仕様なので、感想もほぼ同じ。

Galaxy S20 5Gレビュー

特筆すべき点は、

大画面の割に軽いので使いやすい!

ということ。

画面が大きくなるほど「軽い」メリットを体感

圧倒的な画面の大きさ

僕は男性にしては手が小さい。

このため「でかいスマホ」は扱いづらく元々苦手なのだが、最近は「重いスマホ」も苦手。

これを実感したのは、「iPhone XS Max」を使っていた時だった。

ケース・保護ガラスを含めたら「250グラム」ほどになるスマホは、持っただけでずっしり重く、長時間持つと腕がつりそうになる

むしろ今は、大きさより、重さを僕は重視しててスマホを選んでいるくらいだ

スマホの選択基準
  • 理想は「150グラム」前後
  • 「200グラム」を超えるスマホは選ばない

という感じだ。
そういう意味で、163gのGalaxy S20 5Gは理想的だったし、大型になっても「186g」のGalaxy S20+ 5Gは使いやすかった。

重さがあまり気にならず、素直に大画面のメリットを受けられる。

画面表示比較
左から以下
Pixel 4
iPhone 11 Pro
iPhone XS Max
AQUOS R5G
Galaxy S20+ 5G

手持ちのスマホと比べたら、やはり画面の大きさは圧倒的で、ここまで大きいとコンパクトさより、「でかい画面がいい」と感じる

チー
大画面のメリットを体感しやすいスマホだと思います!
ケースと保護ガラスを合わせると250グラム以上

2020年7月20日までの購入で完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds+」がもらえる!

Galaxy Buds+がもらえる

ドコモ版「Galaxy S20+ 5G SC-52A」に関して、2020年7月20日の購入で「Galaxy Buds+」がもらえるキャンペーンも行われている

いわゆる「完全ワイヤレスイヤホン」だが、Apple「AirPods」が証明したように、同一メーカーで使う方が安定性が高く、使いやすい

このため、各社「純正イヤホン」に力を入れているのだが、「Galaxy Buds+」もとても使いやすいイヤホンだ。

  • 音質は「それなり」
  • Galaxyシリーズなら、ケースの蓋を開けるとペアリング開始
  • 専用アプリで設定できる
  • アクティブノイズキャンセリングは非対応
  • 外音取り込み機能はあり

という特徴を持っており、Amazonでは「17,000円前後」で販売されている

自動ペアリング

派手な機能はないが純正ならではの使いやすさが魅力なので、ドコモ版の購入を検討しているなら2020年7月20日までの購入がおすすめ

\ 送料・事務手数料無料 /

Galaxy S20+ 5Gをチェック

終わりに

サムスン「Galaxy S20+ 5G SC-52A」レビュー

僕は「でかいスマホ」があまり好きじゃなかった。

基本はiPhoneユーザーなので、Plus・Maxを何度か使ったことはあるが、その都度挫折したといっても過言ではない

チー
持っていたら疲れるし、手のひらの収まりも悪い

そう思っていたが「Galaxy S20+ 5G」は、いい意味で「でかいスマホっぽくない」

  • 画面が大きいスマホを使いたい
  • でかいのは我慢できるが、重いのは嫌

という方は、是非使ってみて欲しい。

Galaxy S20+ 5Gを購入する

シャープ「Galaxy S20+ 5G」はドコモ、auで販売されています。

ドコモ・au版はSIMロックされていますが、条件を満たせば「SIMロック解除」可能です。

キャリアで購入するなら、契約事務手数料が「無料」のオンラインショップがおすすめ!

モデル名 docomo au
定価 実質価格 定価 実質価格
Galaxy S20+ 5G SC-52A 109,340円 72,893円 133,280円 76,475円
Galaxy S20+ 5Gを購入する

Androidは様々なメーカーが販売していますが、日本で人気が高いのは長らくSONY「Xperia」・シャープ「AQUOS」・サムスン「Galaxy」の3本柱でした。

しかし近年は、中国メーカーの進出が増え、安くて高性能な高コスパモデルが増えたので勢力図が変わりつつあります

チー
僕のイチオシはGoogle「Pixelシリーズ」ですが、ちょっと高いのが欠点です……。

当ブログではドコモ版の最新モデルを中心に、数多くの機種をレビューしているので、参考にしてみてください!
販売価格は「ドコモオンラインショップ」など、キャリア公式オンラインショップの価格です

ハイスペックスマホのレビュー

ドコモの最新モデルのおすすめ(2019年夏モデル対応版)

ミドルクラススマホのレビュー

ドコモ旧モデルのおすすめ2021年6月版

一緒に使いたいおすすめアクセサリ

チー
僕がAndroidユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。是非チェックしてみて!

ドコモでスマホを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でもたくさんのメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモオンラインショップをチェック

ゆりちぇる
2021年7月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

注目の料金プラン「ahamo」・「5Gギガホプレミア」

2021年3月以降、料金プランが大きく変わります。ほとんどの方はプラン変更する価値があるので理解しておきましょう。

ahamo」が目立っていますが、1,000円値下げされて、テザリング込みで「データ通信無制限」の「5Gギガホプレミア」はヘビーユーザー要チェックプランです

ぽんイケ
やはり注目は「ahamo」です!
元携帯ショップ店員の僕も驚くようなプランで、各社同種のプランを出しましたが、以下の記事で詳しく解説しています
ahamo 元携帯ショップ店員が徹底解説
docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」とは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

SIMのみ契約なら「初期費用0円」

ドコモSIMのみ契約

分離プランの開始後、SIMのみで契約も可能になりました。

チー
ドコモSIMはとても使いやすいので、何気におすすめです!
ドコモSIMのメリット
  • IMEIロックなどややこしい縛りがない
  • 「5G」はもちろん、スマホ・タブレット・ルーターがSIM交換なしで使える
  • 新プラン「ahamo」にも対応
\ オンラインショップは初期費用0円 /

ドコモのSIMをチェック

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!