iPhone 6s/6s Plusの評価は?発売直後から使い続けた感想とメリット・デメリットのまとめ

6sreview_matome

2015年9月末にiPhone 6s ローズゴールド(docomo版 64GB)を購入した。

iPhoneなのでこの間毎日持ち歩き、触ってきたが、正直iPhone 6s/6s Plusについては前評判通り地味な評価を下している人が多く、実際売上げ的にも既に失速という声を聞く。

使ってみて思うが確かに僕も地味だと思う。何故かと言えば、iPhone 6sの魅力は、初めてiPhoneを触ったような人には全く伝わらないし、一番多いであろうiPhone 5sからの機種変更組にも、画面が大きくなった事くらいしか伝わらないと思うからだ。

じゃあ、どんな人に魅力的かと言えば、iPhone 6/6 Plusを使っていたユーザー、要するに毎年iPhoneを買うような熱烈なファン・信者には違いが分かる端末なのだ。僕は大満足だ

この記事ではiPhone 6sを使って感じたメリット・デメリットなど、これまで書いてきたレビュー記事を紹介しつつ、総合的な感想を紹介しようと思う。

何をしてもサクサク動作する「スピード感」がiPhone 6s最大の魅力

IPhone6s
僕はここ数年、iPhone 4S→iPhone 5→iPhone 5s→iPhone 6と毎年iPhoneを買い続けてきた。

この中で、今でも名機だったと思うのはiPhone 4SとiPhone 5s。つまり、「S」が付くセカンドモデルだ。これはある意味当然と言えば当然で、デザインを大きく変える無印(iPhone 4、iPhone 5、iPhone 6)と違い、デザインは基本的に変わらず内部のCPUなどが刷新され、完成度が高まるからだ。

iPhone 6sについてはこの印象が、過去最高に強い。というのも、今振り返って一番の駄作だと思ったのはiPhone 6。

何故かといえば、これまた悪評の方が多いiOS 8とセットだった事も起因するが、最初はそれほどではないものの、使えば使うほど遅くなり、時間の経過と共に印象が悪くなったからだ。そんなiPhone 6と比べてしまうからよく見える面はあると思う。

ただ、そういう心情的な面を除いて、スペック面でも実際大きな進化を遂げている。CPUがA9になった事もあるが、やはり一番恩恵を受けていると感じるのはRAM(メモリ)が2GBとなった事。

2GBという容量は、現行モデルではiPad Air 2iPad mini 4と同じでかなり高スペック。

2015年12月時点のiOS機器でこれ以上の端末となると、4GBというまさにProらしいスペックの、iPad Proしか存在しない。

じゃあ、一体iPhone 6sの何が早いのかを(基本的には全てなのだが)、特によくなった(早くなった)と思う部分をピックアップして紹介しようと思う。

文字入力、アプリの起動・切替が早い

スクリーンショット_122615_124212_PM
iPhone 6最大の不満は、特にフリック入力時の入力遅延だった。

これはRAM(メモリ)不足に起因していると言われていたが、RAMが2GBに倍増した(iPhone 6は1GB)iPhone 6sではこの現象が全く発生しなくなった。つまり、iPhone 5sまで当たり前だった本来の姿に戻ったのだが、iPhone 6ユーザーからすると文字入力が恐ろしく早くなったように感じる

また、これはRAMの増量だけでなく、CPUがA9に進化したこと、全体的な安定性向上が中心のアップデートであるiOS 9にも起因しているかもしれないが、アプリの起動・切替が全体的に早くなった。

iPhone 6sはLTE通信についても4G LTE-Advanced(キャリアアグリゲーションに)対応し、スペック上の最高速度が300Mbpsに倍増した。ただ、これについては僕が住む岡山県倉敷市においてあまり対応が進んでいない状況だが、それでも通信が速くなったと感じる

つまり、iPhone 6sという製品として速くなったと言えるかと思う。そして、この恩恵はiPhone 6sよりむしろ解像度がより大きいiPhone 6s Plusの方が受けていると思う。

第2世代の指紋認証機能「Touch ID」の認識スピードが速い

IPhone6stouch
iPhone 6sで僕が地味に注目していた、第2世代のTouch ID

僕は富士通のフィーチャーフォン(ガラケー)を使っている頃から、指紋認証機能は多用している。iPhoneについてもiPhone 5sから導入された指紋認証機能「Touch ID」は積極的に使っているのだが、欠点もあった。

それは以下の2点。

  • 手が乾いたり・湿ったりしている時には著しく指紋の認識精度が落ちる(=認証に失敗する)
  • 今にして思えばちょっと認識スピードが遅かったこと

しかし、これが劇的に改善された。

まあとにかく速い
ロック画面に表示されていた通知を見ようと思って、ホームボタンに触れたら一瞬でロックが解除されホームボタンが表示。結果、「通知が確認出来なかった」みたいな状態になるくらいだw

僕の知り合いで手がいつも乾燥していてガサガサ(本人談)という方がいるのだが、その人は「iPhone 6までのTouch IDは使い物にならない」と言っていた。だが、iPhone 6sからは「使える!」と大絶賛する程だ。

ただ、乾燥肌の人は皮が剥がれたりするため(脱皮)、皮膚の状態がわりと頻繁に変わる。結果、1~2ヶ月で認識精度は落ちてしまったらしいが、再登録で復活という話だった。

Touch IDの認識精度が落ちたと思ったら、指紋を再登録する事がお勧めだ。

ちなみに、余談だが単純に認識スピードだけで言えば、Xperia Z5の指紋認証も相当速い。体感的には第2世代「Touch ID」よりも速い。

だが、Xperia Z5の指紋認証は側面のボタンで行っており、これは右手で握って親指で認証するには不満がないが、それ以外だと非常に使いづらかったのがマイナスポイントだった。

SPONSORED LINK

バイブレーションが強くなった

DSC00557
僕はiPhone 3GSからのiPhoneユーザーだが、長年電話はガラケー、データ通信はiPhoneという2台持ちだった。

そして、2014年にdocomo版iPhone 6の購入に伴い一本化したのだが、一本化する事で使い分ける煩雑さが無くなるというメリットはあるものの、バイブレーションが弱く電話着信に気づきづらいという不満があった。

これは、Apple Watchの購入である程度解決したのだが、iPhone 6sではバイブレーションが強くなった。

これは仕様的に変わったというよりは、恐らく3D Touchディスプレイの搭載による副次的な恩恵と思われる。というのも3D Touchディスプレイは、Taptic Engineと呼ばれる機能で強く押した時などにブルっと震えるのだが、この通知のためにハードウェア的にかなり大きく変ったようなのだ。

ただ、正直3D Touchディスプレイの搭載よりもこちらの方が僕にはメリットが大きかった。

液晶のガラスが傷が付きにくく強い

スクリーンショット_122615_124436_PM
iPhone 6シリーズは薄く軽くなった代償として、折れ曲がると言われていた。

確かに、ズボンのポケットに入れて座ったりすると危ないって感じる事はあったが、そのような経緯があってかiPhone 6sでは素材レベルで本体の強度がアップしている(その代償か重量も増えた)。

本体は7000シリーズアルミニウムを使い、独自の配合で作られたというこのアルミニウムは、今までのiPhoneの中でも最も強い「アロイ」なんだそうだ。しかし、このメリットを体感することはほとんどない。

だが、液晶のガラスは違う。
液晶のガラスについても「スマートフォン業界の中で最も丈夫なガラスが生まれた」と公式ページに書かれているが、確かに強くなったと感じる。

というのも、僕はiPhone 6シリーズを使う中で液晶保護フィルム・ガラスの利用をやめてしまった。もしもの時はAppleCare+で修理すればよいと割り切った。その結果、iPhone 6で液晶保護をやめた期間は数ヶ月だが、それでも小さな傷が付いていた。

iPhone 6sは購入した当初から保護フィルム・ガラスは使用しておらず、ケイ素コーティングを施すのみだ。なのだが、液晶のガラスにはほとんど傷がつかない。使い方は変わっていないので、間違いなく強化されているなと実感した。
※全く使わないわけではありません

SPONSORED LINK

iPhone 6sのイマイチなところ

ここまではiPhone 6sを使うメリット・良い所を紹介したが、読んでいただけたら分かるが、劇的な進化ではなく、これまでの端末と比べた上でよくなった事に留まる。

つまりこれがデメリットにもなるわけだが、革新的な端末という印象は薄い。
また、その他にもiPhone 6sのイマイチなところはあるので、以降はそれを紹介しようと思う。

価格が約10万円と非常に高い

DSC00552
僕は今回Apple Storeが販売するSIMフリー版iPhone 6sではなく、docomo版iPhone 6sを購入した。

大きな理由は、2015年5月以降販売する端末はSIMロック解除が義務化されたためだ。つまり、半年後にはApple Storeが販売するSIMフリー版と同じになるので、わざわざ購入する理由がなかった。

というのも、Apple StoreのSIMフリー版は非常に高い。

もちろんdocomo・au・SoftBankが販売するキャリアのSIMロック版も高いのだが(8万円~という感じ)、僕の場合今回はドコモポイントを使って購入するという裏技があったので、実質無料で入手できた。

ただ、こういうのは特殊な例としても、1~5万円程度で購入出来るAndroid・Windows 10 Mobileを搭載したスマートフォンが増える中で、iPhoneの高さは突出している。

更に言えば、同じApple製品でもiPhoneの高さは突出しており、つい先日発売したばかりのiPad Proの最上位モデル(128GBのWi-Fi + Cellularモデル)は128,800円(税別)、iPhone 6s Plus 128GBモデルの価格は122,800円(税別)。

iPhone 6sシリーズとiPad Proの最上位モデルと比較して、iPad Proはたった6,000円高いだけとも捉えられる。

世界で一番売れるスマートフォンであり、Appleの売上げ・利益の7割位を叩き出す看板商品故に当然とも言えるが、ちょっとぼったくられている感は否めない(日本は近年円安傾向なので為替の影響がある事を加味しても高いと思う)。

後日ハワイに行った友人にアメリカ版のSIMフリーiPhone 6s Plusを購入してもらったが、それでも価格は10万円。高い。

唯一の目玉機能「3D Touchディスプレイ」はそこまで使わない

IPhone6s3d
地味と言われるiPhone 6sにおいて、唯一ハードウェア的に前モデルから大きく変ったのが、感圧タッチ技術を採用した3D Touchディスプレイを搭載したこと

なので、iPhone 6sを購入した方はとりあえず使ったと思うが、発売から3ヶ月経って如何だろうか。ほとんど使っていないという人が多いんじゃないかと思う。僕もそうだ。

一応便利な使い方はある。

特に上記記事で紹介したLaunch Center Proというアプリを使用したクイックアクションはとても便利だし、

IMG_7711.PNG

このような文字入力時にトラックパッドのように自由なカーソル移動が出来るのは便利だ。
ただ、問題点として、

  • 普通に使っていて気づきづらい(メリットを体感しづらい)
  • 感動出来る程の機能ではない
  • 基本的にはたった1つの動作を省略できるのみ

である事から、基本的にはマニアックな機能という位置付けになっている事が、デメリットと言えそうだ。

Launch Center Pro – Shortcut launcher and Today widget
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

カメラの進化を体感する事がほぼない

IPhone6scamera
iPhone 6sにおいてはiPhone 4S以来でカメラの画素数が8メガピクセルから12メガピクセルに進化した。これは数年ぶりの変化で遂にって感じだった。

進化のポイントとしては、

  • 12メガピクセルの写真
  • 4Kビデオが撮影可能に
  • 一瞬を動きのある画像に変えるLive Photos機能の搭載

と言った辺り。だが、これらのメリットを体感する機会は皆無だった。僕のメインカメラはSONYのRX100M3であり、動画はそれほど撮影しないし、別に不満という程のものではないが、存在感が薄すぎて正直気づかないというのが率直な感想だ。

まあ、それこそがAppleの狙いなのかもしれないが。

新色「ローズゴールド」はどう?

DSC00561
iPhone 6sのある意味一番目玉と言えたのが、新色のローズゴールド。僕は36歳のおっさんだが、「今回買うなら新色でしょ!」というわけでローズゴールドを購入した。

で、実物を見て、実際使って思うがやはり女子向けカラーだと思うw

まあピンク系なので当然だ。実際特別ピンク系に強いこだわりのない妻でも、iPhone 6シルバー(僕が使っていた端末で現在妻が使用中)とiPhone 6sローズゴールドを見比べて、「iPhone 6s」がいいというくらいだ。

ただ、実際の所はケースを付けて使うわけで、iPhone 6sでは手帳型ウォレット型、様々なケースを試して、現在はApple純正シリコンケースシリコンケースを使用しているが、ピンク感を感じる事はほぼない。

ただ、次期モデル(iPhone 7)が出た時に買うかと問われたら微妙で、男女共にいやらしくない色で、最新モデルである時期しか販売されないカラーとしてゴールドが無難なのかなと感じた。

安売りされている型落ちのiPhone 6とiPhone 6sはどちらがお勧めか

DSC00567
2015年12月現在、これからiPhoneを買おうとする場合、大きく分けると以下の2パターンで悩む事になるかと思う。

  • MNP一括0円、実質0円など割引が多く安売りされているiPhone 6/6 Plus
  • 割引額は少ないが、最新モデルのiPhone 6s/6s Plus

以下の記事でも紹介したが、年末というのは例年旧モデルが安売りされる時期となる。

この為、2015年12月時点(=年末)で買うなら安売りされているiPhone 6/6Plusと言いたいところだが、今回僕はiPhone 6sを購入する事をお勧めしたいと思っている。理由は大きく分けると3点。

  • iPhone 6は遅いため、2年以上使うことを考えたらiPhone 6sの方が不満無く使える
  • 大手キャリアが販売するモデルもSIMロック解除が可能で、将来的に子供など家族に譲る・MVNOを利用するなど柔軟な運用が可能(iPhone 6はSIMロック解除不可)
  • 2015年度は総務省の介入により、例年最新モデルが安く買える年度末(2月~3月)に、安売りされる確率が低い

事があげられる。
特に大きいのは3つ目。

通常発売の翌年3月から安売りが増えるiPhoneだが(iPhone 6sなら2016年3月)、「最後のキャッシュバック。一括0円」などという宣伝文句で、2015年度に限っては2015年12月〜2016年1月にかけて安く販売される可能性がある。

実際2016年1月に僕はMNPでiPhone 6sを2台一括0円(実質0円ではない)で入手し、その後0円端末は姿を消した。

終わりに

携帯電話の概念を変えたiPhoneも登場からかなりの年月が経過し、革新性のようなものは薄くなって久しい。

OS XとMacがそうであるように、iOSとiPhone・iPadも今や完成の領域に達しており、感動的なものはないが使ってみれば違いと進化を感じる端末という印象が強い。

実際、購入者のレビューや感想の記事を多く見たが、大絶賛はしないが不満が少ないというのがiPhone 6sに対する感想の特徴で、これこそがこの製品の性質を表しているなと思う。

実際僕も使ってみて、iPhone 6sには絶対買い替えるべき!とまで強くお勧めするつもりはない。だが、2年契約を満了するなどして、買い替え時期が来たのであれば安心して買い替えてよい端末だ。これだけは間違いない。

iPhone 6sの購入に悩んでいる方の参考になればと思う。

SPONSORED LINK